記録の地平線

徒然なるままに

東京ドーム

2017年11月8日

乃木坂46真夏の全国ツアーFinal in 東京ドーム

f:id:momoyama35:20171112171603j:image

2日目!

2日目!!

に、参戦して来ました。

11月8日はまず、上野駅でフウマさんとくろぴょんさんと合流。

その後缶バッジを作りに行く為に移動して、そこで、三助さん、種田さん、しとさん、ナオちゃん、よしきくんと合流。

 

バッジ作って、昼食。

その後に種田さんと別れて、歩いて東京ドームへ。

とりすたんさんや、やおちゃんずとも合流し、入場前に、来られている何人かと会う事に。

ゆきだるまさん、セマるさんが来てくださり、初対面のご挨拶を交わしました。

 

そして、入場。 

今回はいつもお世話になっている、とりすたんさんと連番。

席はアリーナ席で、結果的にメンバーが乗るフロートのルートがすぐそこだった。

全力でコールをし、全力でサイリウムを振り、全力で泣いた。

 

今年最後の、グループ全体でのライブ。

そして、伊藤万理華さん、中元日芽香さん、の両名にとっては、これがラストライブ。

 

直接会った人たちや、キャスで話した時に聞いてくれていた人たちには話したかもだけど、お2人ともとても素晴らしい表情で最後までステージに立ち続けていました。

最後の「きっかけ」披露時にメンバーみんなが流した涙や、中3トリオ、2人を囲んで集まって抱き合ったりしているあの光景は、この先ずっと記憶に残るものとなりました。

 

乃木坂46を好きになってからずっと推しはいるけど、それとは別に乃木坂46が好き。

だから、必然的にどのメンバーも好き。

 

今まで卒業していったメンバーとの別れも辛いし、これから卒業していくメンバーとの別れも、やはり辛い。

自分の推しだけ考えていられたらいいんだけど、推しと仲のいいメンバーはいて…

そのメンバー達との関係性も含めて、周りのメンバーも好きになっていく。

そうして、気付いたらグループ全体を大好きになってた。

だから、誰がどこで活躍しても嬉しいし、誰が卒業しても悲しいし…

 

アイドルっていうのは、どう頑張っても時間に限りがあるものだから。

乃木坂46がゴールではないんだよね。

乃木坂46で積み上げたものを持って、次の場所に行くために。

その先を見据えて、見据え続けて、生きて行くために。

 

会いたい人がいるなら、自分が動かなきゃダメなんだよ。

いつ会えるかなーなんて、待ちの姿勢でいたら、ずっと先まで会えないかもしれない。

勿論色んな事情があるし、タイミングが合わないのはどうしようもないけど、それら全ての事情が通って、行けるんなら、行った方がいい。

 

これは、アイドルだけではなく、友人知人も含めて。

 

やりたい事、行きたい場所、会いたい人、会いたい人と行きたい場所、食べたいもの、見たいもの…

それら全ての欲望や渇望を埋め尽くすのは難しい。

それが出来ないなら、出来るようにしていこう。

と、そう思えるようになったのは、乃木坂ちゃんを通して出逢うことの出来た全ての人たちのおかげなのです。

いつも本当にありがとう。

これからもどうか、よろしくお願いします。